賃貸併用

光熱費比較

投稿日:

賃貸併用が満室となり半年ほど経過した。

少し脇道に逸れるが、このタイミングで賃貸併用に引っ越す前後の光熱費の比較を行ってみようと思う。

僕達の作った賃貸併用の自宅部分の特徴として挙げられる大きなポイントは「オール電化」という点である。

この特徴により光熱費がどのように変化したのかを5月から12月までの期間で比較していく。


1.前提

(1)比較対象とするデータは以下a,bとする。

a.賃貸時代の「2018年の5月から12月のデータ」

b.賃貸併用に引越をした後の「2019年5月から12月のデータ」

(2)家族構成は僕と妻の2名のみで共働きのため平日の日中は基本的には家にはいない。

2.比較結果

(1)ガス代

a.比較結果

b.考察

賃貸併用はオール電化のため、ガス代は0円となっている。

当然のことながらガス代単体の比較としてはガスを使用していた賃貸時代よりも削減できている結果となった。

(2)電気代

a.比較結果

b.考察

電気代はオール電化となったこともあり、賃貸併用に引っ越した後の方が金額が高くなっている。

(3)ガス代+電気代

a.比較結果

b.考察

ガス代+電気代の合計で見ると7月と8月の夏場を除いて賃貸併用に引っ越した後の方が安いという結果となった。なんとなく予想していたが、目に見える結果となったことでオール電化のメリットを感じることができた。

※7月8月は賃貸併用後の方が高いが、トータルで見ると賃貸時代は「65,494円」、賃貸併用後は「62,184円」となっており賃貸併用後の方が安いという結果となっている。

(4)水道代

a.比較結果

b.考察

こちらは賃貸併用に引っ越す前は全く予想していなかった効果だが、水道代の請求が2000円以上安くなるという結果となった。理由としてはおそらくエコキュートで一定の湯量を沸かしていることで、残りがどの程度かという視覚的にわかるようになった点が大きいと考えられる。視覚的に残量がわかるようになった結果、シャワーを使用する際の湯の使用量が大幅に削減したことが一番大きい理由だと考えられる。

僕自身が毎朝シャワーを浴びるタイプなのだが、賃貸時代と比較して時間も減ったし、お湯の量も意識するようになっているという実感がある。

(5)光熱費全体

a.比較結果

b.考察

水道代の大幅な削減効果もあり、8月以外は全ての月で賃貸併用に引っ越した後の方が光熱費が安いという結果となった。

5月~12月のトータル金額で言うと以下の結果となり大幅な削減ができたといえる。

◇賃貸時代:99,224円

◆賃貸併用後:79,643円

□削減金額:19,581円

1月~4月の請求実績がないため、1年間を通しての比較は2020年のデータを待つことになるが、2019年5月以降と同様の傾向だとすると年間で3万円近い光熱費の削減となる可能性が高そうだ。


今回は番外編として光熱費の比較を行ってみた。

賃貸併用というよりもオール電化の効果と言える内容だが少しでも参考になれば幸いである。

ブログランキングに参加しております。もしよろしければご覧下さい



-賃貸併用

Copyright© 僕と妻の賃貸併用体験記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.