副業 賃貸併用

確かなもの

更新日:

自分の進むべき道を考えるためには自分が、何を目指しているのかを明確にする必要があった。

僕が人生で一番重要としていることだけは明確で、妻に幸せな人生を送ってもらうことだ。

妻がどんな時に幸せかという点を考えてみると、妻は僕と一緒にいる時いつも笑顔でいてくれるし、幸せだと言ってくれる。

これが妻の本心だとすると、僕が妻と一緒にいる時間を増やすことができれば妻は今よりも幸せなのかもしれない。

現状を見ると、僕は早朝から夜遅くまで会社で仕事をしている。平日の家の滞在時間は睡眠時間を除くと3〜4時間といったところだろうか。

そんな僕の帰りを妻は晩御飯を食べずに待っていてくれている。僕と一緒に食べる晩御飯が1日のメインイベントだからと言って待ってくれる。

ここまで考えて、現状は僕の望む姿ではないと感じた。

なぜ愛する妻と一緒にいられる時間がこんなに少ないんだ。晩御飯の時間がメインイベントになっているようではいけない。もっと長い時間を、日中だってできるだけ長く妻と一緒にいたい。

僕は現状を変えたい、変えなければならないと感じた。このまま過ごしていたら死ぬ時に後悔することは目に見えていた。

僕は妻と過ごす時間を増やすため数年後には会社を辞めようと決意した。数年以内に会社を辞めても生きていける収入の柱を複数作り確立させると決めた。

ただ、ここまで考えても肝心の賃貸併用を建てるべきなのかという結論は出せないままでいた。

ブログランキングに参加しております。もしよろしければご覧下さい



-副業, , 賃貸併用

Copyright© 僕と妻の賃貸併用体験記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.