管理会社・仲介会社

管理会社検討②管理会社決定 2019/1/14

投稿日:

1/14(月)成人の日に管理会社を訪問した。

管理会社は都内の中央線沿いの駅にあり、10:30に約束をしていた。

昨日百貨店に行った際に京都フェアが開催されていたため、そこで手土産を購入して持参した。

ご担当者との挨拶を終えると、持参した物件資料(外観パース、設備の仕様書、工事スケジュール等)をお渡しし細かい部分の説明をした。

説明をしながらご担当者のお人柄なども確認し、僕はこの管理会社に管理をお任せすることを決めた。

その後は管理委託契約を締結し、僕達のパートナーとなる管理会社が決定したのだった。

 

契約を終えると、いつから募集を開始するかという話をした。

募集開始するためには入居可能日が確定していなければならない。

3月末に引渡を予定しているが、大雪などが降ってしまうと竣工が遅れる可能性がある。

この状況を踏まえ、もう少し工事が進み引渡日が固まった段階で再度入居可能日について管理会社と話をして募集を開始することにした。

募集する家賃については、以前賃貸仲介会社巡りをした際に1部屋9万円程度取れそうだという話を何社かからヒアリングできていた。

この日までにご担当者は周辺物件調査などをしてくれており、調査の結果からも家賃は9万円程度取れそうだという情報を連携頂くことができた。

(仲介会社へのヒアリングについては以下の記事に記載しています)

賃貸仲介会社巡り①・ヒアリング準備

賃貸仲介会社巡り②・ヒアリング

最初はチャレンジ価格として9.3万円で募集をしてみて反応を見ることになった。

以上のような話をして僕と妻は管理会社を後にした。

駅に向かっている途中、妻が笑顔で目をキラキラさせながら

『私達の物件がSUUMOやHOMESに掲載されるなんて夢みたいだね

と言った。

僕はなぜだかわからないが妻のその言葉がとても嬉しかった。

普通の生活をしているとできない経験を妻に経験させてあげることができていて、妻もその経験を楽しんでくれているようだ。

賃貸併用完成に向けてまだ色々とタスクが残っているが、引き続き頑張ろうと僕は思ったのだった。

ブログランキングに参加しております。もしよろしければご覧下さい



-管理会社・仲介会社
-

Copyright© 僕と妻の賃貸併用体験記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.