プラン

賃貸併用住宅の着工に向けたタスクと忙しい日々

銀行回りと平行して
賃貸併用の間取りプラン作成も進めていた。

 

より良い条件で賃貸の客付をするために、
3月中旬には引渡しをしたかった。

 

現在は9月半ばである。

 

3月半ばに引渡しというゴールを踏まえると、
1日も早く工事に着工したい。

 

着工するために必要な以下諸々のタスクを、
全て急いで進める必要があった。

【着工に向けたタスク】

  1. 『プランの決定と費用の確定』
  2. 『工務店との請負契約』
  3. 『土地の売買契約』
  4. 『住宅ローンの本審査申込』
  5. 『金消契約』
  6. 『土地引渡』
  7. 『建築確認申請』

この時期は夫婦共に賃貸併用一色で忙しかった。

本業も忙しい時期だったため、
帰宅後深夜まで作業をするのはきつい時もあった。

 

しかし賃貸併用のプランを2人で考え、
話し合う時間はとても楽しかった。

 

自宅だけでなく、
賃貸部分の間取りも考えることは賃貸併用だからできる貴重な経験だった。

 

体力的につらいこの時期を乗り越えられたのは、
妻が共に取り組み、支えてくれたおかげだ。

 

こうして2人で考えた要望や案を携え、
工務店と間取りプランの打合せ2回目に臨んだ。