代理店・火災保険

賃貸併用住宅の保険代理店・火災保険の検討 2019/3/4

火災保険の検討

賃貸併用の完成が近づくにつれ、
検討しなければならないことが出始めていた。

 

火災保険についてもその中の1つである。

代理店選びが重要

火災保険については
保険会社毎の補償内容はあまり違いがないため、
1番大切なのは『代理店』選びだと考えていた。

 

最近では火災保険を有効活用するためのセミナーなども開催されていたため、
僕と妻はセミナーに参加もして、
被災時に契約者の味方となってくれる代理店を探した。

 

とあるセミナーで
保険請求時の調査を実施してくれる会社
の紹介を受けることができた。

 

僕達にとっては直近でお世話になることがない会社だったが、
代理店との繋がりがあるのではないかと考え、紹介をしてもらった。

代理店の決定と保険契約締結完了

担当の方から電話を頂いた際に事情を話したところ、
代理店を紹介して頂けることになった。

 

とある週末に品川駅のファミレスで担当の方&代理店の方と打合せをすることになった。

 

過去の実績などから
大家として付帯しておくべき特約も説明して頂き、
見積を出して頂くことになった。

 

その後、メールにてやりとりを続け、契約内容を確定させることができた。

 

契約締結は喫茶店で対面で実施し、
タブレット上でスムーズに申込が完了したので、非常に便利だと感じた。

 

こうして保険代理店及び火災保険の内容が確定した。

 

被災しないことが1番だが、
何かあった際にしっかりと補償を受けられるよう備えが重要だ
という点を学んだ。

 

まさに備えあれば憂いなしである。