工務店

賃貸併用住宅依頼先工務店との請負契約締結

仮審査を通過した僕達は
工務店との請負契約を締結した。

 

本審査の際に請負契約書が必要であるため、このタイミングとなった。

 

請負契約は以下のような流れで進んだ。

【請負契約の流れ】①工務店が用意してくれた契約書の読み合わせ

②不明点の確認&認識合わせ

③署名・捺印

④工務店側の社印押印(本社にて押印)

請負契約自体は1時間も掛からず終了した。

 

思えば初めてこの工務店さんと打合せした日から

  • 『複数回の打合せ』
  • 『建築中の建物の複数回見学』
  • 『間取り・プラン作成』
  • 『賃貸に関する情報収集』

など様々な対応をして頂いたが、一銭もお金を支払っていなかった。

 

請負契約を結び、本審査が通過すれば手付金を支払うことになる。

今までに実施頂いた数々の対応への御礼としても早く手付金を支払いたいと思った。

 

『本審査を通過し、この工務店に素敵な賃貸併用住宅を1日も早く建ててもらいたい。』

 

僕と妻の心はこの想いで溢れていた。