工務店

賃貸併用住宅の依頼先工務店への手付金振込

本審査通過連絡の翌日、
僕達は工務店に手付金100万円の振込を行った。

これまで既に大変お世話になった工務店に初めて対価を支払うことができた。

 

手付金も支払ったので、今後は以下の流れとなる。

  1. 金消契約(土地)
  2. 土地引渡(保留地引渡書、保留地使用許可証受領)
  3. 建築確認申請

 

建築確認申請は保留地引渡書が無いと申請ができないと判明していた。

まだまだスピード感をもって進めねばならない状況は何も変わっていなかった。