保留地

賃貸併用住宅の土地探し⑥保留地売買契約

土地の手付金を振り込んだ3日後。

市役所内で土地の売買契約に臨んだ。

 

持ち物は以下4点だった。

【土地売買契約時の持ち物】

  1. 実印
  2. 印鑑登録証明1通
  3. 収入印紙1万円分
  4. 手付金振込時の領収書

 

契約の流れで1時間も掛からずに終了した。

【契約の流れ】

  1. 挨拶・名刺交換
  2. 本日の流れの説明
  3. 保留地売買契約書の読み合わせ
  4. 契約書への署名・捺印
  5. 質疑応答

 

質疑応答の時間には

『土地引渡し前に地盤調査を実施して良いか』
と質問し、

『問題ない』
という回答をもらえた。

 

「地盤調査」については、
もし地盤改良が必要となった場合は
通常よりも地盤工事の時間がプラスになる。

 

そのため、
『なるべく早く改良の要否を確認しておきたい』
と工務店から言われていた。

 

この質問をした際、
既に市役所にてスウェーデン式の調査を2か所で実施し、
問題なし(地盤改良不要)と確認していることがわかった。

 

調査資料をもらえたので、
資料を工務店の方に連携し、
再度調査を実施すべきかを相談することにした。

 

この日の午後は
メガバンクにて本審査の申込
をすることになっていた。

 

契約が終わった僕達は市役所を後にした。