税金・確定申告

賃貸併用住宅の確定申告③税理士探し

依頼したい税理士が見つからない

ココナラで税理士を探し始めたところ、

サービスを販売している税理士が数名いた。

 

その中で確定申告代行サービスを提供している税理士数名にコンタクトをとることにした。

 

『確定申告代行サービスの中に記帳代行費用を含める方』

『記帳代行費用は別途かかる方』

『記帳代行は受付ていない方』

など様々な方がいた。

 

メッセージのやりとりを行い、

税理士によって考え方が異なる部分などを把握した上で見積をもらうことができた。

 

しかし、

この方にお願いしたい!

という方は見つけられなかった。

動画セミナーの税理士さんへの連絡と依頼

僕はここでふと、

先日動画講義を購入した税理士の方に依頼することはできないか?

と思いついた。

 

動画講義を見終えた後、

その税理士のホームページを見たが、

確定申告代行サービスのみは記載されていないようだったので無理だと決めつけていた。

 

ダメ元で問い合わせをしてみた結果、すぐに回答を頂き、

『確定申告代行サービスも提供している』

と教えて頂くことができた。

 

見積についても教えて頂いたところ、

ココナラと比較すると金額はやや高かった。

 

現状の共有や相談をしたところ、

次年度以降に向けた仕組み化についても

今回の確定申告代行サービスの中で色々と検討して頂けるということだった。

 

1点懸念事項として、

税理士事務所が遠方ということも少し気になっていたが、

ZOOMを使用したテレビ会議や

ChatWorkを使用したやりとりも可能

ということだった。

 

東京にも顧問をしている顧客が複数いるということで

物理的な距離は問題ないと判断した。

 

僕の中では

『この税理士の方に依頼したい』

という思いは固まっていたが、

費用面のこともあり、妻に相談し意見をもらうことにした。

 

妻にここまでの経緯を説明し、

税理士の方の動画講義を妻にも見てもらい、

税理士の方のホームページやブログも読んでもらった。

 

税理士さんの自己紹介には

これまでの人生や熱い思いが記されており、

ブログも毎日有益な情報を更新されている。

僕はこれらの情報を見て税理士さんの考え方にとても共感していたし、

信頼できる方だと感じていた。

 

妻は

『信頼できる人にお願いした方が良いから、この税理士さんにお願いしよう!』

と言ってくれた。

 

今回も妻は僕の背中を押してくれたのだ。

 

確定申告は僕と妻の2名分の契約をお願いした。

 

こうして

『個人事業主として初めての確定申告』

を依頼する税理士が決定した。

 

2020年1月初旬のことだった。

 

【参考】

私が契約した税理士村田さんのホームページです。