税金・確定申告

賃貸併用住宅の確定申告⑤申告終了

書類提出後のやりとり

書類提出後、

税理士さんと「CHATWORK」でのやりとりを繰り返した。

 

細かい部分まで確認頂いたことで自分の中でも理解を深めることができた。

 

事業内容を理解して頂いた後は

税理士さんに記帳代行と確定申告作業を進めて頂いた。

 

1か月も経たないうちに書類は完成し、

電子ファイルの形式でお送り頂いた。

ZOOMでの打合せと書類の完成

その後「ZOOM」を使用したテレビ会議で

顔合わせと作成頂いた申告書の説明をして頂いた。

 

不明点なども質問させて頂き、

丁寧な回答を頂くことができた。

 

このZOOMでの打合せによって何点か書類の修正が必要な部分が判明したが、

数日で修正版をご連携頂いた。

 

内容を確認し問題ないことを確認できたので、

申告書類は完成となった。

電子申告と申告完了

書類の税務署への提出についても

税理士さんに電子申告を実施頂いたため、

特に自分で作業する内容は不要だった。

 

今回お願いした税理士さんは距離的にはかなり遠く離れていたが、

CHATWORKやZOOMを使ってやりとりができたため、

遠距離であることは全く問題なかった。

 

税理士さんが東京にいらっしゃる時には

『直接お会いしましょう』

とも言って頂いている。

 

直接お会いする日が、楽しみだ。

 

誠実で信頼できる方なので、

長いお付き合いをしていくつもりである。

賃貸併用住宅の住宅ローン控除の効果

確定申告の結果、

住宅ローン控除の効果で

2019年に収めた所得税は全額還付されることになった。

 

また、2020年6月以降に収める住民税についても大幅に安くなる結果となった。

 

賃貸併用住宅においても住宅ローン控除の効果は大きいと実感する経験だった。

 

こうして僕と妻の

賃貸併用住宅取得後初の確定申告

は無事終了したのだった。