電柱

賃貸併用住宅の課題解決 電柱移設②

お隣さんからの連絡内容

「自宅の窓にかからないように電柱移設をしてくれと東京電力に要望を出した。」

お隣の方から電話でこのように告げられたと工務店の支店長さんから連絡があった。

 

僕達の土地の目の前は川沿いのランニングコースで見晴らしの良い場所である。

 

お隣の方の側面の窓はそちら側に位置するため、
その窓からの見晴らしはとても良いはずだ。

 

引越をしてきた後にその窓に電柱がかぶるように景観が変わることは誰だって避けたいはずで、当然の要望だった。

全てがうまくいく解決策は・・・

お隣の家の窓にかぶらないように支柱を移動すればよいのだが、
問題の電柱と支柱の位置を何度も見た限り、
お隣の家の窓に被らずに支柱の向きを変更することは不可能に感じられた。

 

昨日の工務店さんとお隣の方の話し合いの結果、
電柱問題が解消したと一度は喜んだ僕と妻だった。

 

しかし、お隣の方のこの要望によって、
電柱の移設は実質不可能になったと思われ、
この日の夜は2人で落ち込んだ。

三者での現地打合せに望みをかける

数日後、
移設内容や移設時期について東電と工務店の現場監督さんが現地で打合せをすることになっていた。

その打合せの中で東電から
お隣の方の要望を満たす支柱移設方法の提案が出ることを祈るしかなかった。

 

僕と妻はお隣の方とは良好な関係を築いていきたいと考えていた。

もし現地打合せで東電から良いアイデアが出なければ、
きっぱりと支柱の移設はあきらめようと考えていた。

 

移設ができない場合は駐車場3台確保は不可能となる。

 

しかし、なんとか2台分は確保できる見込みはあったため、
2台分の駐車場確保の死守を目指そうと僕と妻は話していた。

 

数日後、東電の担当者と工務店の現場監督さんの現地での打合せが行われたのだった。