保留地

賃貸併用住宅の土地探し⑥保留地売買契約

土地の手付金を振り込んだ3日後。

市役所内で土地の売買契約に臨んだ。

 

持ち物は以下4点だった。

【土地売買契約時の持ち物】

  1. 実印
  2. 印鑑登録証明1通
  3. 収入印紙1万円分
  4. 手付金振込時の領収書

 

契約の流れで1時間も掛からずに終了した。

【契約の流れ】

  1. 挨拶・名刺交換
  2. 本日の流れの説明
  3. 保留地売買契約書の読み合わせ
  4. 契約書への署名・捺印
  5. 質疑応答

 

質疑応答の時間には

『土地引渡し前に地盤調査を実施して良いか』
と質問し、

『問題ない』
という回答をもらえた。

 

「地盤調査」については、
もし地盤改良が必要となった場合は
通常よりも地盤工事の時間がプラスになる。

 

そのため、
『なるべく早く改良の要否を確認しておきたい』
と工務店から言われていた。

 

この質問をした際、
既に市役所にてスウェーデン式の調査を2か所で実施し、
問題なし(地盤改良不要)と確認していることがわかった。

 

調査資料をもらえたので、
資料を工務店の方に連携し、
再度調査を実施すべきかを相談することにした。

 

この日の午後は
メガバンクにて本審査の申込
をすることになっていた。

 

契約が終わった僕達は市役所を後にした。

体験記とセミナー動画が無料でもらえます

僕は数年前までは
朝6時から23時まで働く社畜のような生活を
我慢して続けていました。



体も壊し将来への希望も持てず
このまま我慢し続けるだけで
人生終わるのかなと思っていたんです。



しかし結婚後、妻の一言をきっかけに
会社で我慢し続ける人生を脱却して
やりたいことをやる人生を送りたい
と心の底から思うようになりました。


人生を変えるため
会社以外の収入の構築に
挑戦することを決めたんです。



まず第一歩として取り組んだのが
『賃貸併用住宅』です。



今では家賃収入で住宅ローンを返済していて、
将来への不安からあきらめていたマイホームに
毎月実質0円で住むことができています。



これからマイホームを作る人にも
賃貸併用住宅のことを伝えたいと思い
無料メールマガジンを始めました。


●知らないと損する知識
●経験者目線の本音
●僕が失敗してしまった失敗談



など、実際の経験者目線から
ブログには書いていない情報をお届けしています。



メルマガ登録された方には今だけ


・賃貸併用住宅の体験記レポート
・賃貸併用住宅概要セミナー


を無料でプレゼントしています。



興味があればこちらから受け取ってみてください。


→無料プレゼントを受け取る



◆メルマガの登録は↓こちらからもできます◆