税金・確定申告

賃貸併用住宅の住宅ローン控除の確定申告を間違えない方法

こんにちは、なっくです。

 

 

この記事では

賃貸併用住宅の確定申告について

書いていきます。

 

 

 

 

賃貸併用住宅を建ててから初めての確定申告。

 

『どうすればいいんだ!?』

 

『税理士にお願いしたい方がいいの!?』

 

という方はぜひ読んでみて下さい。

 

 

初回は税理士にお願いした方がいい

 

まず結論からです。

 

 

初回の確定申告は

税理士にお願いした方が良い

 

 

というのが僕の考えです。

 

 

初回の確定申告は住宅ローン控除もある

なぜ初年度は税理士に依頼した方がいいの?

 

 

自分ではできないの?

 

 

と思う方もいると思います。

 

 

でも税理士に依頼した方が良いと思います。

 

 

その理由ですが、

初年度は確定申告にて

やるべきことが多いからなんです。

 

 

具体的には初年度になにがあるのか?

 

 

具体的に初年度は何があるか

というと大きく3つあります。

(他にもあるのですが3つに絞りますね!)

 

 

◆1つ目は住宅ローン控除。

 

 

賃貸併用住宅の場合も

住宅ローン控除を使えます。

こちらの記事参照

 

 

そして住宅ローン控除は

初年度の確定申告にて

申告をする必要があるんですね。

 

 

会社員として働いていると

確定申告には縁がない方は

多いと思います。

 

 

会社以外の収入が無ければ

会社の年末調整のみですむので

確定申告をしない人も多いはず。

 

 

『確定申告?なにそれ』

 

 

って人もいるかもしれませんね。笑

 

 

賃貸併用住宅の場合は

住宅ローン控除が適用できるのは

自宅部分のみなんですよね。

 

 

このあたりの部分も知っていないと

正しい申請もできません。

 

 

最初の申告で間違ってしまうと

翌年以降も同じ間違いをした状態で

申告が続いてしまうことになります。

 

 

そうなると初年度の申告で

誤った申告をすることがないように

慣れている税理士に任せた方が良いと思います。

 

 

 

 

◆2つ目は減価償却費。

 

支出の伴わない経費である

減価償却費の計算は初年度で決まります。

 

 

初めての不動産だと

この部分もよくわからない人も

多いと思います。

 

 

ここも初年度の申告で

間違ってはいけないので、

税理士に任せた方が良いと考えます。

 

 

 

 

◆3つ目は全体的に。

 

今はマネーフォワードや

freeeといったクラウドソフトを

使って記帳も簡単にできるようになってきました。

 

 

でもいきなりの確定申告で

自分で全部記帳するのは

なかなかにキツイと思います。

(僕もそうでした)

 

 

これらのクラウドソフトの素晴らしいところ。

 

 

それは過去のデータに従って、

入力ルールを自動で補完してくれるところです。

 

 

 

 

例えばですが・・・

 

 

クラウドを使ってくれる

税理士さんと相談をして、

自分のアカウントに税理士さんを招待する。

 

 

その中で税理士さんに

記帳~申告書作成をしてもらう。

 

 

翌年度は

税理士さんの入力してくれた記帳データに従って

自分で自動補完入力機能を使いながら記帳する。

 

 

こんなこともできなくはないです。

 

 

なので確定申告は

自分でやりたい!という方も、

 

 

初年度だけ税理士さんに依頼する。

 

 

2年目以降は

前年度の記帳データを使いながら自分でやる。

 

 

といったやり方の方が、

時間と負担の面で見ても

コスパがいいんじゃないかと思います。

 

 

 

 

大きくこの3つの理由から

初年度の確定申告は

税理士に依頼するのが良いと思ってます。

 

 

実際に

僕は税理士さんに依頼したわけですが、大正解だった!

と思ってます。

 

 

きっと自分で頑張ろうとしていたら・・・

 

 

ぜんぜんわからず困り果てて

 

 

『どうしよう・・・』

 

 

と涙目になりながら悩み、

結局ギリギリになって

税理士さんに泣きついていたと思います。笑

 

 

 

 

ただ、一つ間違ってはいけないのは、

税金のことも理解した方が良い

ということです。

 

 

 

でもムリに初年度に頑張らなくてもいいと思います。

 

 

2年目以降に税金のことを

理解していけば良いのではないか

 

 

というのが僕の考えですね。

 

 

まとめ

 

最後にまとめです。

 

 

賃貸併用住宅を作ってから

初めての確定申告は

税理士さんに依頼した方が良い。

 

 

というのが僕の経験からくる答えです。

 

 

 

 

もし良い税理士さんを知りたい!

 

 

という方がいらっしゃいましたら、

僕のお願いしている税理士さんを紹介できます。

 

 

メルマガの返信で

ご連絡頂ければご紹介しますので、

お気軽にご連絡下さい。

 

 

それでは!

体験記とセミナー動画が無料でもらえます

僕は数年前までは
マイホームを買うのはムリだと諦めていましたが、

今は理想をつめ込んだマイホームで生活してます。


毎月の住宅費は実質0円なので将来への不安も減り
楽しい日々を過ごせるようになりました。

→詳しいプロフィールを見る





元々僕は朝6時から23時頃まで働く
社畜のような生活を10円ハゲやうつになるまで
我慢して続けていました。


それにも関わらず社会人5年目に結婚すると
同時に給料が上がらなくなってしまったんです。


将来への不安が大きくなり節約思考が強まって、
お金のことで妻に我慢させる日々。


『このまま我慢するだけで人生終わるのか?』


そう思い始めていた頃、妻の一言をきっかけに

我慢ばかりの人生を脱出して
やりたいことをやる人生を送りたい!

と人生を変えたいと思うようになりました。



人生を変えるための第一歩として取り組んだのが
マイホームと賃貸物件がセットになった
賃貸併用住宅です。



賃貸併用住宅が完成した今では
家賃収入で住宅ローンを返済できるようになり、
毎月の家計の収支は10万円改善しました。



その結果将来への不安は減り、
妻に我慢させることもなくなりました。



これからマイホームを作る人にも
『賃貸併用住宅のことを知って欲しい!』
という想いから無料メールマガジンを始めました。



●賃貸併用住宅作りの知識
●経験者目線から見た賃貸併用住宅の本音
●住み始めてから気づいた失敗したポイント



など、実際の経験者目線から
ブログには書けない情報もお届けしています。





メルマガ登録された方には今だけ


・電子書籍:賃貸併用住宅体験記
・動画:賃貸併用住宅概要セミナー
・レポート:妻へのインタビュー


を無料でプレゼントしています。



興味があればこちらから受け取ってみてください。


→無料プレゼントを受け取る



◆メルマガの登録は↓こちらからもできます◆

ABOUT ME
なっく
東京で賃貸併用住宅を作り住宅費0円生活継続中の30代。 30代で夫婦そろって脱サラし、 やりたいことを1つずつ実現していくために 様々な事業にチャレンジ中。 経験者目線の賃貸併用住宅メルマガ講座もやっていて、失敗談なども共有してます。 【夢・目標】 人生でやりたいことをやりつくし 夫婦そろって 『後悔は一つも無い』 と言って死ぬこと。 【ブログの理念】 満足度の高い賃貸併用住宅を作り お金のことで我慢せず もっと楽しい人生を送れる人を増やす。