税金・確定申告

賃貸併用住宅は住宅ローン控除は使えない?

こんにちは、なっくです!

 

 

この記事では、

賃貸併用住宅は

住宅ローン控除使えるの?

 

 

という話を書いています。

 

 

マイホームを買うとなると

必ず聞くことになる住宅ローン控除。

 

 

でも賃貸併用住宅の場合はどうなのか?

という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

 

この記事を読み終わった時には

 

・賃貸併用住宅は住宅ローン控除が使えるか

・賃貸併用住宅特有の何かがあるのか。

 

ということが理解できています。

 

 

結論から言うと使えます!

 

まず結論を先に言いますね。

 

 

賃貸併用住宅でも住宅ローン控除使えます!

 

 

住宅ローン控除は最大40万円を

所得税・住民税から控除できるという

節税効果がとても大きい制度です。

 

 

使えるか使えないかは

天と地くらい差があるといっても

いいのではないか!?と思っています。

 

 

ということで

賃貸併用住宅でも使えるので、

安心して下さい。

 

 

(本当に使えて良かった・・・。)

 

 

ただし、

1つだけ特殊要素があるんです。

 

 

『特殊要素ってなんぞや!?』

 

 

と思った方は

このまま読み進めてみて下さい。

 

 

なんで賃貸併用住宅も使えるのか

 

なんで賃貸併用住宅でも

住宅ローン控除が使えるのか。

 

 

それは住宅ローン控除が

マイホームを住宅ローンを使って買う人を

後押しする制度だからです。

 

 

賃貸併用住宅は自分も住む

マイホームなので、

住宅ローン控除の対象となるんですね。

 

 

『え、でも賃貸部分もあるじゃん』

 

 

こう思った方は

ものすごくスルドイ方ですね。

 

 

そうなんです。

 

 

先程書いた賃貸併用住宅の

特殊要素というのはそこなんです。

 

 

住宅ローン控除が適用されるのは

自宅部分のみなんですね。

 

 

具体的に計算するとどうなる?

 

言葉だけだとわかりにくいので、

具体的に計算してみますね。

 

 

消費税10%増税や

コロナの関係で

細かい部分は変動があるかもです。

 

 

が、ここではわかりやすくするために

シンプルな例にしてみますね。

 

 

①前提条件

・住宅ローンを5000万円借りて賃貸併用住宅を建てた

・自宅面積割合51%、賃貸部分面積割合49%

・年末のローン残高4950万円

 

②前提条件②計算式

(普通のマイホームの場合)

年末時点の住宅ローン残高×1%

 

(賃貸併用住宅の場合)

年末時点の住宅ローン残高×1%×自宅面積割合

 

③今回の例の場合はどうなるか

4950万円×1%×51%

=25.2万円

 

 

このようになります。

 

 

もし普通のマイホームだったら

51%をかける必要がないので、

上限の40万円使えます。

 

 

でも賃貸併用住宅の場合は

上限までは使えないという例ですね。

 

 

賃貸併用住宅は

自宅部分が50%以上になります。

 

 

なので、

住宅ローン控除の

最大控除額40万円に達するには・・・

 

 

住宅ローンの借入金額が

8000万円を超える必要がありますね。

 

 

8000万円を借りられる人は

多くないと思います。

 

 

なので多くの方は

最大控除額までは使えないかと。

 

 

でもですね、

それでも十分だと思います。

 

 

住宅ローン控除は

おまけみたいなものですもんね。

 

 

賃貸併用住宅を建てる目的は・・・

 

 

理想をつめこんだ注文住宅に

住宅費を減らして住む。

 

 

そして

より楽しい人生を送ること。

 

 

その目的が叶えば十分です。

 

 

ちなみに、

さきほどのシュミレーションの

25.2万円という金額が

所得税から還付。

 

 

所得税が25.2万円より小さい場合は

25.2万円-所得税の差額分が

翌年の住民税から控除されて

住民税が安くなるイメージですね。

 

 

賃貸に住んでいる状態では

こんな優遇はありません。

 

 

25.2万円のボーナスが1回増えるみたいで

使えるだけで十分嬉しいですよね。

 

 

 

 

といいつつ・・・。

 

 

最初の確定申告の時。

 

 

『自宅部分だけ適用です』

 

 

と税理士さんに言われた時には

かなりがっかりした男がここにおります。笑

 

 

賃貸併用住宅の住宅ローン控除まとめ

 

最後にもう一度まとめます。

 

 

賃貸併用住宅も住宅ローン控除は使える。

 

 

対象となるのは自宅部分のみ。

 

 

です。

 

 

確定申告の時にがっかりしないように

作る前に把握しておくのが良いかなと思います。

 

 

今回は以上です。

 

 

確定申告は税理士さんにお願いした方がいい?

と悩んでいる方は以下の記事も

読んでみて下さい^^

 

住宅ローン控除の確定申告で間違えない方法(賃貸併用住宅版)こんにちは、なっくです。 この記事では 賃貸併用住宅の確定申告について 書いていきます。 ...

 

 

ではまた!

体験記とセミナー動画が無料でもらえます

僕は数年前までは
朝6時から23時まで働く社畜のような生活を
我慢して続けていました。



体も壊し将来への希望も持てず
このまま我慢し続けるだけで
人生終わるのかなと思っていたんです。



しかし結婚後、妻の一言をきっかけに
会社で我慢し続ける人生を脱却して
やりたいことをやる人生を送りたい
と心の底から思うようになりました。


人生を変えるため
会社以外の収入の構築に
挑戦することを決めたんです。



まず第一歩として取り組んだのが
『賃貸併用住宅』です。



今では家賃収入で住宅ローンを返済していて、
将来への不安からあきらめていたマイホームに
毎月実質0円で住むことができています。



これからマイホームを作る人にも
賃貸併用住宅のことを伝えたいと思い
無料メールマガジンを始めました。


●知らないと損する知識
●経験者目線の本音
●僕が失敗してしまった失敗談



など、実際の経験者目線から
ブログには書いていない情報をお届けしています。



メルマガ登録された方には今だけ


・賃貸併用住宅の体験記レポート
・賃貸併用住宅概要セミナー


を無料でプレゼントしています。



興味があればこちらから受け取ってみてください。


→無料プレゼントを受け取る



◆メルマガの登録は↓こちらからもできます◆

ABOUT ME
なっく
東京で賃貸併用住宅を作り住宅費0円生活継続中の30代。 30代で夫婦そろって脱サラし、 やりたいことを1つずつ実現していくために 様々な事業にチャレンジ中。 経験者目線の 賃貸併用住宅メルマガ講座もやってます。 【夢・目標】 人生でやりたいことをやりつくし 夫婦そろって 『後悔は一つも無い』 と言って死ぬこと。 【ブログの理念】 お金のことで我慢せず もっと楽しい人生を送れる人を増やす。