その他工事

賃貸併用住宅のテレビアンテナ設置工事の依頼から工事完了までの流れとは!?

こんにちは、なっくです。

 

 

『TVアンテナ工事は工事内容に含まれてません』

 

 

賃貸併用住宅作りの終盤で、

工務店さんに言われて驚いた事実。

 

 

テレビアンテナ設置工事は

自分で手配が必要だったんです。

 

 

僕がどのように

テレビアンテナ設置工事の業者を探して

どのような流れで工事が完了したのか。

 

 

この記事ではそんな内容で書いていきます。

 

 

テレビアンテナ設置工事業者探さなきゃ!

 

 

という方にとって参考になる記事なので、

ぜひ読んでみて下さい。

 

 

アンテナ工事施工会社の探し方

 

『テレビアンテナは盲点だった・・・』

 

 

建物工事が終盤を迎えたころ、

工務店さんにテレビアンテナ設置工事は

自分で個別に手配する必要があると告げられました。

 

 

それまではアンテナの話は一切出ておらず

工務店さんが手配してくれているものだと

思っていたんですよね。

 

 

少し驚きましたが、

それならそれで進めるしかありません。

 

 

こうして僕は

アンテナ設置をしてくれる業者探しを

スタートすることになったんです。

 

 

 

 

インターネットでアンテナのことを調べると

大きく2種類あることがわかりました。

 

 

1つ目は八木式アンテナという

魚の骨のような形のアンテナ。

 

 

2つ目はデザインアンテナという

長方形の薄い箱のようなアンテナ。

 

 

 

 

デザインアンテナの方が

見た目がいいと思ったので、

デザインアンテナの方向で検討開始です。

 

 

 

業者を探し始めると、

 

 

『暮らしのマーケット』

 

 

というサイトを見つけました。

 

 

このサイト内でアンテナ工事で検索すると

大量の業者がヒット。

 

 

口コミ評価も出ていたので

評価の高い業者に仮予約をしてみました。

 

 

すぐに連絡がきて、

以下の情報を教えて欲しいと言われました。

 

 

『おっ、早いな!』

 

 

と思いながら以下の情報を共有したんです。

 

 

・新築かリフォームか

・ハシゴか脚立を使えるスペースがあるか

・取付場所の写真はあるか

 

 

回答も早いし、

この業者さん良い感じかも!

 

 

と思いながらやりとりを進めていました。

 

 

しかし、まだ外壁工事中であることを伝えると、

 

 

突然仮予約が一方的にキャンセルされました。

 

 

『他の業者に依頼してください』

 

 

と冷たい一言だけが送られてきて

やりとりが終了となってしまったんですね。

 

 

 

 

『お、おお。なんか悪いこと言ったかな?』

 

 

といきなりキャンセルされて

あっけにとられてしまいましたが、

 

 

まだ外壁工事中というのが

悪かったのかもしれません。

 

 

早めに余裕をもって

依頼しようと思ったんですよね。

 

 

でも工事の進捗によっては、

 

 

予約していたスケジュール通りに

アンテナ設置工事ができないので、

そのリスクを避けたかったのかもしれないです。

 

 

 

 

この業者の暮らしのマーケット上での

評価が物凄く高かったんですね。

 

 

でも突然一方的にキャンセルされたので、

暮らしのマーケットでのやりとりに

不安を感じてしまいました。

 

 

なので暮らしのマーケットの外で、

 

 

個人の業者ではなく、

法人の業者を探すことに

方針を変更することにしました。

 

 

良さそうな業者を発見して電話してみる

 

法人の業者も色々ありました。

 

 

その中で良さそうな業者を見つけたので、

問い合わせしてみることにしました。

 

 

電話で窓口に連絡をすると、

元気な声の女性が出ました。

 

 

担当の方『はい、株式会社〇〇でございます』

 

 

僕『アンテナ工事について

お伺いしたいのですが・・・』

 

 

担当の方『はい、もちろんでございます。

どのような内容でしょうか?』

 

 

僕『新築のマイホームでして、

現在外壁工事中なのですが、

工事の予約は可能でしょうか?』

 

 

この前の業者のように

冷たく電話切られたら悲しいな・・・。

 

 

と少し不安を感じながら

相手の反応を待っていました。

 

 

担当の方『はい、もちろんお受けできます!

 

 

おお、軽やかに受けてくれそうだ!

 

 

良かったぁ!!!

 

 

 

 

女性の方『ただし、アンテナ設置の時に

電波測定をいたします。

 

 

足場が外れていないと

測定結果に影響が出る可能性がございます。

 

 

工事の日付は足場が外れた後

現地立ち合い頂ける日程で

ご指定頂けますでしょうか?』

 

 

僕『承知致しました。

それでは〇〇日でお願いいたします』

 

 

こうしたやりとりを経て

アンテナ設置工事を依頼する業者と

工事日程が無事に決まったのでした。

 

 

アンテナ施工工事当日の流れ

 

アンテナ設置工事当日を迎えると

以下のような流れで進みました。

 

 

【工事当日の流れ】

①前の工事が完了し現地に向かうタイミングでの事前連絡をもらう。

②現地で待ち合わせ

③電波測定&設置場所決定

④見積金額の提示

⑤設置工事実施

⑥設置後の説明&支払

 

 

工事を担当してくれたのは

ベテランの方と若めの方の2名でした。

 

 

設置工事はスムーズに進み、

担当者の方の対応も良い感じでした。

 

 

他の方にもおすすめできる

会社だなと感じましたね。

 

 

 

 

工事を終えて

提示された料金は

 

 

デザインアンテナの設置で

49,800円でした。

 

 

工事は約1時間弱で終了しました。

 

 

こうしてアンテナ工事は

無事に完了したのでした。

 

 

まとめ

 

アンテナ設置工事について

書いてみました。

 

 

工事終盤に突然に

自分で手配するように言われて

焦る方がいるかもしれません。

 

 

でもネットで業者を探して

依頼すれば特に問題なく終わると思います。

 

 

マイホームの完成間近の方に

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

『どこの業者に依頼したの?』

 

 

といったご質問等ありましたら、

メルマガの返信でご連絡下さい。

 

 

業者をご紹介しますね。

 

 

では!

体験記とセミナー動画が無料でもらえます

僕は数年前までは
マイホームを買うのはムリだと諦めていましたが、

今は理想をつめ込んだマイホームで生活してます。


毎月の住宅費は実質0円なので将来への不安も減り
楽しい日々を過ごせるようになりました。

→詳しいプロフィールを見る





元々僕は朝6時から23時頃まで働く
社畜のような生活を10円ハゲやうつになるまで
我慢して続けていました。


それにも関わらず社会人5年目に結婚すると
同時に給料が上がらなくなってしまったんです。


将来への不安が大きくなり節約思考が強まって、
お金のことで妻に我慢させる日々。


『このまま我慢するだけで人生終わるのか?』


そう思い始めていた頃、妻の一言をきっかけに

我慢ばかりの人生を脱出して
やりたいことをやる人生を送りたい!

と人生を変えたいと思うようになりました。



人生を変えるための第一歩として取り組んだのが
マイホームと賃貸物件がセットになった
賃貸併用住宅です。



賃貸併用住宅が完成した今では
家賃収入で住宅ローンを返済できるようになり、
毎月の家計の収支は10万円改善しました。



その結果将来への不安は減り、
妻に我慢させることもなくなりました。



これからマイホームを作る人にも
『賃貸併用住宅のことを知って欲しい!』
という想いから無料メールマガジンを始めました。



●賃貸併用住宅作りの知識
●経験者目線から見た賃貸併用住宅の本音
●住み始めてから気づいた失敗したポイント



など、実際の経験者目線から
ブログには書けない情報もお届けしています。





メルマガ登録された方には今だけ


・電子書籍:賃貸併用住宅体験記
・動画:賃貸併用住宅概要セミナー
・レポート:妻へのインタビュー


を無料でプレゼントしています。



興味があればこちらから受け取ってみてください。


→無料プレゼントを受け取る



◆メルマガの登録は↓こちらからもできます◆

ABOUT ME
なっく
東京で賃貸併用住宅を作り住宅費0円生活継続中の30代。 30代で夫婦そろって脱サラし、 やりたいことを1つずつ実現していくために 様々な事業にチャレンジ中。 経験者目線の賃貸併用住宅メルマガ講座もやっていて、失敗談なども共有してます。 【夢・目標】 人生でやりたいことをやりつくし 夫婦そろって 『後悔は一つも無い』 と言って死ぬこと。 【ブログの理念】 満足度の高い賃貸併用住宅を作り お金のことで我慢せず もっと楽しい人生を送れる人を増やす。