保留地

賃貸併用住宅の住宅ローンを借りる銀行探し⑦保留地引渡し

保留地引渡

銀行にて領収書を受領

土地の金消契約から3営業日後、
午後半休を取得しメガバンクに向かった。

 

メガバンクに到着後、
この日の午前に完了した土地代金振込の領収書を受け取った。

 

建物の金消契約などはまだ残っているが、
数カ月先になるため、
メガバンク訪問は今日で一旦一区切りとなる。

 

僕は至急でのご対応を頂いたご担当者の方に感謝を告げ、メガバンクを後にした。

領収書を持って保留引渡へ

メガバンクから購入した保留地までは歩いて40分程かかる。

 

市役所の担当者との待ち合わせまでは1時間以上あったため、
僕はゆっくりと保留地に向かった。

 

待ち合わせの5分前に保留地に着くと
既に市役所の方が3名到着されていた。

 

早速土地の測量を行い、
資料上の面積に間違いがないことを4人で確認をした。

 

確認が完了すると、
確認済証明書(正式名不明)
に証明・捺印を行った。

 

捺印が終わると市役所の方からは
『保留地引渡書』
『保留地使用許可証』
の2つの書類を受け取った。

 

10分程度で完了し、お礼を告げて土地を後にした。

 

遂に欲しかった保留地が自分達のものになった。

 

長いようであっという間だった。

着工に向けた2つの認可

ここからは、1日も早く着工をして建設を進めていくことが最重要ポイントとなる。

 

翌々日に工務店の方と打合せを予定しており、
その場で『保留地引渡書』『保留地使用許可証』を渡す。

 

翌営業日には以下2つの申請をして頂くことになる。

  1. 土地区画整理法第76条第1項
  2. 建築確認申請

 

購入した保留地は区間整理地区内のため、
建築確認申請の前に
『①土地区間整理法第76条』の認可を得る必要があるのだ。

 

1日も早く認可が下りることを僕達は願った。

体験記とセミナー動画が無料でもらえます

僕は数年前までは
朝6時から23時まで働く社畜のような生活を
我慢して続けていました。



体も壊し将来への希望も持てず
このまま我慢し続けるだけで
人生終わるのかなと思っていたんです。



しかし結婚後、妻の一言をきっかけに
会社で我慢し続ける人生を脱却して
やりたいことをやる人生を送りたい
と心の底から思うようになりました。


人生を変えるため
会社以外の収入の構築に
挑戦することを決めたんです。



まず第一歩として取り組んだのが
『賃貸併用住宅』です。



今では家賃収入で住宅ローンを返済していて、
将来への不安からあきらめていたマイホームに
毎月実質0円で住むことができています。



これからマイホームを作る人にも
賃貸併用住宅のことを伝えたいと思い
無料メールマガジンを始めました。


●知らないと損する知識
●経験者目線の本音
●僕が失敗してしまった失敗談



など、実際の経験者目線から
ブログには書いていない情報をお届けしています。



メルマガ登録された方には今だけ


・賃貸併用住宅の体験記レポート
・賃貸併用住宅概要セミナー


を無料でプレゼントしています。



興味があればこちらから受け取ってみてください。


→無料プレゼントを受け取る



◆メルマガの登録は↓こちらからもできます◆